最新の亜鉛サプリランキング!

 

亜鉛サプリとキレート加工

 

「亜鉛サプリメントを選ぶ際は必ずキレート加工のものにする、そうでなければ無意味だ」という意見があります。

 

このキレート加工という言葉は、耳にすることがあってもその詳しい内容はよく分からない、といった印象を与える言葉なのではないでしょうか。そのため、特に根拠はないもののどことなく効果がありそうだからという理由で、キレート加工の商品を選んでいる方も少なくないでしょう。そういった方や、また、キレート加工なんて聞いた覚えがないという方も、ここで一度、キレート加工とはどういうものなのか把握しておきましょう。

 

*キレート加工とはどんな加工法か

 

キレート加工とは、栄養素の吸収率を高めるため、アミノ酸でコーティングを行うという手法のことです。この手法が利用されるのは亜鉛に限りません。多くのミネラルサプリメントで、コーティングの手法は活用されています。というのも、ミネラルは、もともと人間の身体への吸収率があまり高くない成分だからです。

 

特定のアミノ酸を使って加工し、ミネラルを吸収しやすくしたものがキレート加工と言えます。キレートとは化学用語で、元々の意味はギリシャ語で「カニのはさみ」です。化学物の構造を表現した名前です。カニ挟みと呼ばれるようになったのは、ミネラルなどをはさんでコーティングすることに由来しているようです。

 

*キレート加工だと効果が数倍に

 

同じ成分のサプリメントであっても、その吸収率は、キレート加工がされてあるものとキレート加工されていないものとでは相当大きな差が見られるとされています。もともとミネラルは、摂取してもそのまま体外へ排泄されてしまう量が多いものです。そのミネラルをできるだけ身体に取り入れたいがためにサプリメントを使用するわけですから、キレート加工のサプリメントのほうが好ましいことは、多くの方が理解していることかと思います。

 

亜鉛は特に、吸収が困難な成分であるとされています。そのため、サプリメントを摂取する際、キレート加工であるかどうかを確認するのは重要なことです。キレート加工されていない状態のミネラルを摂取した場合、その吸収のためには、体内でミネラルとアミノ酸を結合させる処理が必要があります。そうすることで、小腸から吸収が可能な形に加工するのです。しかし、体内で十分にこの処理を行える方はあまりいません。そのため、最初から吸収しやすい状態に加工されているサプリメントが有用とされています。

 

*キレート加工には国際特許がとられている

 

キレート加工には、その利用を不便にしているウラ事情があります。それは、多くのメーカーが製法を各国で国際特許に登録しており、かなり高額な特許料なしにはキレート加工を利用できないというものです。そのため、日本製の製品は価格などの点でやや不利になってしまいます。日本において亜鉛サプリメントは数多く市販されていますが、その中にキレート加工のものが見付けられない状態であるのは、そういった事情によるものです。

 

亜鉛と一緒に摂ると効果的な食べ物

 

*亜鉛と一緒に食べるべき食品は悩みによって異なる

 

肌荒れや髪のダメージといった身体のトラブルは、亜鉛を推奨摂取量摂取することによって、改善効果を期待することができます。亜鉛には、一緒に摂取すると、よりその効果を高めてくれるという食品や栄養素があります。その種類は、それぞれの症状や悩みによって異なります。悩みによって異なる、一緒の摂取を推奨する食品や栄養素は、以下のようになります。

 

肌荒れ
ニキビ、乾燥、シミ、シワといった肌のトラブルには、多くの女性が悩まされていることかと思います。皮膚の新陳代謝やメラニンの代謝に、亜鉛は関与しています。そのため、亜鉛の適切な摂取は、新陳代謝を活発化して細胞の入れ替わりを早めることで、シミやソバカスを薄くすることにもつながります。それらを目的に亜鉛を摂取する場合は、一緒に「ビタミンC」も十分に摂取しましょう。

 

ビタミンCには、メラニンの沈着を予防する、コラーゲンの合成に作用する、といった働きがあります。ビタミンCを多く含む食物は果物や野菜です。アセロラジュースなども手軽に飲めて便利でしょう。また、肌の潤いやハリのためには、ビタミンAやビタミンEも同時に摂取することをおすすめします。ビタミンAを多く含む食物は、肉類の肝臓、ウナギ、乳製品などです。同様にビタミンEを多く含む食物は、油、魚卵などです。

 

髪のトラブル
亜鉛はたんぱく質の合成に作用します。髪の毛はたんぱく質からできているため、亜鉛の適切な補給は髪の毛のためにも欠かせません。また、新陳代謝によって新しい髪の毛は作られていますが、亜鉛は新陳代謝においても必要不可な欠栄養素です。摂取の際は、たんぱく質やカルシウムを同時に取り入れましょう。

 

たんぱく質を多く含む食物は、青魚などの魚介類、卵類、大豆製品、ヨーグルトなどの乳製品です。一方のカルシウムは、不足してしまうと脳の神経細胞の働きが悪くなり、スムーズな髪の生成もできなくなってしまいます。さらに、ビタミンA・ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンEといった各種のビタミンの摂取も忘れずに行いましょう。亜鉛やカルシウムといった栄養素を上手く働かせてくれます。

 

免疫力の低下
免疫力は、体内に病気の原因となるウイルスが侵入した際に働く力です。ウイルスの繁殖を抑制したり、菌そのものを破壊してくれます。亜鉛には、免疫細胞を活性化させたり、抗酸化反応に関与したりといった働きがあります。さらに、ビタミンAには粘膜の健康を保つ働きがありますが、そのビタミンAを体内に留める作用も亜鉛は持っています。

 

そのため、亜鉛の不足は免疫力低下に?がります。免疫力向上を目的として亜鉛を摂取する場合は、ビタミンAと一緒に行うようにしましょう。ビタミンAには、喉の痛み、鼻水、鼻づまりといった風邪の症状を緩和してくれる働きがあります。ビタミンAを多く含む食物は、肉類の肝臓、ウナギ、バターなどの乳製品です。

 

高血糖
ブドウ糖は、エネルギー源として重要なものです。しかし、その摂取が過剰だったりして細胞への取り込みがスムーズに行われず、血液中に余った状態になると、血糖値は上昇します。血糖値が上昇すると、血糖値を下げるため、インスリンが分泌されます。インスリンには血液中のブドウ糖を減らす働きがあり、亜鉛はこのインスリンの働きに関与します。高血糖対策として亜鉛を摂取する場合は、ビタミンB群(ビタミンB1、B2、B6、B12、パントテン酸、葉酸、ビオチン)と一緒に行うようにしましょう。

 

ビタミンB群には、エネルギー代謝を助ける働きがあります。ビタミンB群を多く含む食物は、ビタミンB1なら豚肉、B2なら納豆、B6ならバナナ、B12なら肉、魚など、パントテン酸なら肉のレバー、葉酸ならほうれん草、ビオチンなら牛レバーなどとなります。さらに、食物繊維も一緒に摂取するようにしましょう。食物繊維には、ブドウ糖の腸での吸収をゆっくりにして、血液中の血糖値が急激に上昇することを防ぐ働きがあります。食物繊維を多く含む食物は、穀類、豆類、海藻類、野菜、果物などです。

 

妊娠中の女性
亜鉛は免疫システムへの関与、たんぱく質の合成への関与、ホルモン分泌への作用といった働きを持ち、胎児の中枢神経系の発達にも不可欠だと言われています。そのため、妊婦に対する亜鉛摂取推奨量は、通常時の成人女性よりも2mg多いものとなっています。また、妊婦に必要とされる亜鉛以外の栄養素としては、葉酸があげられます。細胞の分裂や成長において、葉酸は必須の成分です。胎児の脳の発育を助る、神経を作る、といった働きを持っています。

 

妊娠6週目くらいまでには、胎児の脳は完成するとされています。しかし、まだこの段階では妊娠に気づかない女性も少なくありません。そのため、女性は普段からしっかりとした葉酸の補給を心がけるようにしましょう。葉酸を多く含む食物は、レバー、うなぎ、モロヘイヤやほうれん草などの緑黄色野菜です。その他、鉄の摂取も欠かさないようにしましょう。貧血、イライラ、鬱、頭痛、肩こりといった妊娠中に起こりやすいこれらの辛い症状を解消する働きがあります。鉄を多く含む食物は、レバー、あさり、納豆などです。また、カルシウム摂取も重要です。

 

妊娠中の母体のカルシウム量は、胎児の骨を作るために減少するからです。カルシウムは乳製品に多く含まれています。さらに、そのカルシウムを吸収するためにはマグネシウムが必要です。マグネシウム摂取も併せて行いましょう。カルシウムを多く含む食物は、大豆食品、魚介類、海藻、木の実などです。また、ビタミンB6やビタミン12の摂取も心がけましょう。赤血球を形成するために欠かせません。

うつ病の原因はなんだろう?

 

うつ病になってしまうと、いくつもの症状が現れてしまったり個人差があったりしています。

 

このうつ病の原因としてどのようなものが考えられるのでしょうか?うつ病というのは、脳に異常が生じてしまうことが原因になってしまっていることが多いです。

 

人間の脳というのは、色々な神経伝達物質が生成されています。この神経伝達物質によって、体を動かしたり、食事をしたりすることができるのです。

 

さらにノルアドレナリンやセロトニン、ドーパミンなどの物質が疲れやストレスなどによってあまり生成されなくなってしまい、無気力になってしまったり、憂鬱な気持ちになってしまうことが原因であることが多いです。

 

現在、病気の原因を突き止めるための研究が活発に行われているのですが、この研究の過程でうつ病の原因になりそうな遺伝子も見つかっています。

 

ただし、うつ病の原因になる可能性がある遺伝子があるからと言って、子供に遺伝されるとは限りません。
遺伝子だけでうつ病になってしまうほど、うつ病というのは単純なものではないですし、うつ病を発症してしまうわけではないのです。

 

遺伝以外にも、普段の生活や生活環境などといったものがストレスなどになっていき、ドーパミンなどが生成されにくくなってしまい、うつ病になってしまうのです。

 

参考:http://xn--p8j0c8luexd.net/

 

成長ホルモンが分泌される時間帯と睡眠のゴールデンタイム

 

睡眠のゴールデンタイムをご存知でしょうか。睡眠によって成長ホルモンが分泌されて体に非常に良い効果を得られる時間帯をそう呼びます。成長ホルモン サプリや、良質な睡眠をゴールデンタイムにとることでどういった効果があるのかを把握しておきましょう。また、意識して睡眠をとることによって睡眠の質は向上して私生活にも良い影響がありますので覚えておきましょう。

 

・睡眠のゴールデンタイムとは
睡眠のゴールデンタイムは一般的に22時〜深夜2時といわれています。どうして、この時間帯がゴールデンタイムなのかについて説明しますが、これは体内時計を適切に保つという理由があります。人の身体は一日周期で体内時計が備わっており、朝になると自然に活発になって夜になると眠くなるようにできています。

 

朝日を浴びる事でリセットされて、一日のリズムを一定にしています。このリズムが崩れると、血圧、ホルモン分泌、自律神経の調整機能が狂ってしまいます

 

・ゴールデンタイムに眠る必要性
この22時〜深夜2時の間に眠ることによってどういった効果があるのか説明しますが、まず一つは疲労や破損した身体の組織は成長ホルモンによって再生されますので、この時間帯にしっかりと眠ることによって疲れが取れたり傷の治りが早くなったりします。ちなみに免疫力の向上も期待することができますので生活習慣病などの予防にもなります。

 

さらに、同じような理由で美肌の維持があります。身体の組織が再生されやすくなることとさらに、ターンオーバーも期待することが出来ますので睡眠をしっかりととる必要があります。このようにゴールデンタイムにしっかりと眠る事によって体にとっていい効果を得やすくなるということに繋がります。

 

 

肝臓に効く食べ物といえばアボガド?

 

肝臓に良い食品としてアボカドが注目されています。アボカドは女性にとても人気があり、サラダやパスタなどたくさんの料理に利用されていますよね。

 

アボカドのどんな成分が肝臓に効いてくれるのでしょうか。まずは肝臓の機能低下の原因を探ってみましょう。肝臓はさまざまな機能を持ち合わせている働き者の臓器です。そのためアルコールや食べ物を過剰に摂取したりすると、休む暇がなくなり肝臓が疲れてきます。また運動不足や睡眠不足でも肝臓の機能は低下していきます。

 

しかし肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれているほど自覚症状が出にくく、非常に再生能力が高い臓器です。そのため気づいた時には、かなり症状が進んでいる場合が珍しくありません。既に肝臓の機能が低下しており、老廃物や毒素が身体の中にたまりやすくなっています。また疲れやすいなど、さまざまな不調が身体に表れている状態です。

 

肝臓を休ませるためには、食生活を整えて規則正しい生活をすることが大切です。それと同時に肝臓の機能を高める栄養分の補給も大切です。参考:肝臓サプリランキング

 

そこで役に立つのがアボカドです。アボカドに含まれているグルタチオンという成分が強い抗酸化力を持っています。これはカテキンやポリフェノールの数倍強い抗酸化力と言われています。

 

この抗酸化力によって、暴飲暴食や紫外線からのダメージによって発生する活性酸素を除去することができるのです。アボカドの約半分の量で、肝臓の疲れをとる効果が期待できると言われています。アボカドは肝臓だけでなく、シワやシミ、たるみなどのエイジングケアとしても役立つので、日々の食生活に取り入れていきましょう。

更新履歴

Copyright (C) 2016 亜鉛サプリおすすめランキング最新 All Rights Reserved.